2017年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28









広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!

12.10.16 「人間じゃないschool」レポート

去る2012年10月14日、東京都中野区「中野イベントスペース」で開催されたイベント
「人間じゃないschool」に管理人・赤沙多奈がサークル参加いたしました。

ご存知の通り「人間じゃない」は人外オンリーイベントであり、
このサーチエンジン設置のきっかけともなったものです。
(一度目にいけなかった悔しさがエネルギー源に)
今回の「school」は元小学校と言うロリコンショタコン大歓喜の立地であり、
ゆえにこそ「全年齢限定」というKENZENイベントでした。

到着早々入り口を間違えるも、
その時点で会場前には既に一般参加の方が2・3名並んでおられました。
頭を下げながら入場すると、
なんとも「教室」というイメージにぴったりの会場です。

サークル間の交流で盛り上がり、いざ一般入場!
何と皆さん、列を成して反時計回りにスペース一番から進んで行くではないですか!
これ、入場早々カオスが当たり前のほかのイベントでは見られない光景ですよね。
で、その列を7番と言う最後のスペースから眺めていた私は、
「大変そうだなあ」→「やばいやばい、お釣りお釣り」といそいそ準備し、
流れがやってくるや、案の定慌てふためいて挙動不審といういつもの感じでした。
手際が悪く申し訳ありません。
他のサークルの皆さんもおっしゃっておりましたが、
想定以上の売れ行きで、在庫の袋からの取り出しに手間取る羽目になりました。
嬉しい悲鳴とはこのことです。
個人的に嬉しい点としては「既刊持ってます」という声が聞けたことです。

次回のためも含めそれなりの部数をすってきた私は除き、殆どのサークルさんは
この時点で完売表示が目立っていました。
そこからはOFF会モードに突入。
皆さん活発に議論を交わし、
恒例の黒板へのお絵かき大会も行われておりました。
そして満を持しての主催(不在)到着。
「キャーシュサーイ!」の歓呼で迎えられる主催。
これぞ「人間じゃない」ですね!

アフターイベントは
コミックリュウ副編集長 猪飼幹太氏のインタビューで始まりました。
ついてはこちらから音声がお聞きになれますので、ぜひどうぞ。
人外萌えの未来と言うものを考えさせられる内容でした。
「面白いと思うものをそのまま持ち込んでください」という発言に
たきつけられた人は多いのではないでしょうか。
わたしも創作熱が上がるのを感じました。
その後の抽選会も盛り上がり、
(羊毛を拠出するというテロもありましたが←主犯)
終了後は皆でお片付けというこれもまた伝統の流れ。
実にアットホームでした。

コトノジさん主催の飲み会もその場で開催が決まり
(私は夜行バスのため参加できませんでしたが……)
その後私はでかちょうさん達と共に中野ブロードウェイを散策。
実に良い雰囲気で締めくくることができました。

次回「人間じゃない」第三回は2013年5月26日です。
楽しみですね!
待ちきれないですね!!

                             管理人 赤沙多奈

(C)人外萌サーチ